言い訳で理論武装した卑怯な大人たちへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先週は子供の運動会でした。

今年も2人は別々の組。

上の娘は3年連続負けていて
ようやく今年勝ちました。

応援団にも参加して
そっちも勝利。

また2人ともリレーの選手で
頑張って走っていました。

負けず嫌いは父親譲りですね。

小学校が1つしかないからか
運動会らしからぬことも。

ゆるキャラが応援にきたり。

元オリンピック選手がゲストに来たり。

極めつけは毎年屋台が来ます。

・たこ焼き

・かき氷

・水あめ

さすが田舎だな〜と(笑)

家から海が見えるところに
住みたいなと思って移住してから
12年になります。

そのころは起業2年目。

まだまだ収入も安定せずに
引っ越し当初は近所の観光ホテルに
就職しようと思っていました。

経理の仕事があったからです。

でも、他人に使われるのは
もう終わりにしようと決めたので。

収入を安定させるべく
出来ることは全部やっていきました。

田舎に引っ越してきたばかりで
もちろん知り合いはいません。

ビジネスの相談相手もいません。

ネット回線も脆弱で
結構ストレスもありました。

でも、サラリーマンよりはマシ。

すぐに子供が出来たのもあって
責任感も増しました。

田舎にいるからこそ
人脈は使えません。

子供も小さかったので
出来るだけ一緒に過ごしたい。

都内への出張も極力減らし
自宅で全て完結できるように
工夫をしました。

その中で、いまのスタイルが生まれ、
間もなく起業13年目に突入します。

いま、マスターマインドメンバーの
コンサルをスタートしています。

前向きにどんどん動いて
活発に相談している人がいる一方。

出来ない理由ばかり羅列して、
なかなかスタートできない人もいます。

その人の性格や、価値観など、
様々な理由はあるでしょう。

心理学の視点でいろいろと
解説するコンサルの方もいます。

でも、

私からしたら、そんなの単なる言い訳。

環境のせいにして逃げまくっている
卑怯者に過ぎません。

何を言っても、言い訳なんです。

いままでの生い立ちなんて、
そんなの関係ありません。

「とにかくやれよ」

結局は、行動をスタートするしか
現状を打開する方法はありません。

私は大量行動は求めません。

大量行動ができるからって
結果が出るわけではないので。

それよりももっと大切なこと。

それは、

「行動のスタートが早いかどうか」

です。

成功者はグズグズしません。

逆になかなか結果が出ない人は
そもそも最初の一歩が遅い。

スタート時点で負け組決定です。

それが悔しいと思えない時点で
起業には向かないと思います。

自分がどんなに足が遅いと
自覚していても。

小学生はみんな一生懸命
最後まで走っていました。

一方、いまの大人はどうでしょう?

いろんな言い訳で理論武装して
スタートしないことを正当化します。

それっておかしくないですか?

ゴールまでのスピードは
私は重視しません。

足が速い、遅いがあるのと同じで
この差はなかなか埋まりません。

だからこそ、着実に前に進んでいること。

これが大事です。

でも、スタートが遅いのは
どうも我慢ならない。

まずは10メートル先でいいので
ゴールを設定しましょう。

そしてスタートしましょう。

ゴールに到達したときに
あなた自身がどう感じるか?

それでまた、ゴールを設定して
スタートすればいいのです。

スタートする前から
うだうだ考えない。

大人なんだから、
何とかしましょう。

全ての結果は自分の責任。

ぜひ、今までの自分の行動を
振り返ってみてください。

スタートからゴールまで
全力で走り切ってみましょう。

子供に結果で示せる。

そんな大人になれるよう
お互いに頑張りましょうね。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ