極秘の相互リンク手法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さん、こんにちは。

シーサイドレーベルSEO担当の中島です。

以前に、相互リンク良いですよという記事を
書きました。

私が好んで行っているリンクのやり方とは

結構反響がよかったみたいで
色々とご質問を頂いたりしました。

その中で多かったのが、相互リンクできるウェブサイトが作れないといった事や、
高PRドメインのウェブサイトを所有できないといった内容でした。

そこですごく考えた結果、ご自身でウェブサイトを所有しなくても
気軽に簡単に相互リンクを出来る方法を教えることにしました。

この手法ならご自身で相互リンク用のウェブサイトを所有しなくても、
直ぐに相互リンクが出来ます。

ただし条件があります。

一点だけなのですが、最低でもPR3以上で出来ればPR5位のドメインで作成された
ウェブサイトでないとこの手法はできませんし効果もありませんのでご注意ください。

では具体的なやり方について見ていきましょう。

先ずは以下のURLにアクセスしてください。

http://rapidtooling.biz/

Rapid Tool

このようなウェブサイトが出てくると思います。

そして、これはなんのウェブサイトかと言いますと
相互リンク専用のウェブサイトになります。

ここで相互リンクをお願いすると簡単に相互リンクが出来てしまうのです。

では「このサイト集への掲載方法」というところを読んでください。

ページランク 3 以上(かつ、7未満)、発リンク数 100 以内のサイトは・・・。
と言うことが書いてあるのが分かると思います。

ですのでPR3以上じゃないとこの手法は出来ないのです。

もっと言いますとPR3で相互リンクをお願いしても最初は、新規登録サイト(新着3件)に
掲載されてトップページからのリンクをもらえますが、ライバルが増えると、
新規登録サイトの欄から外れてしまい今度は、サイト集トップページ紹介サイト
(上位50件)のところに掲載されるようになります。

見ていただければ分かると思いますがPR6,7のサイトがズラッと並んでいます。

トップページは上位50件ですので、力のないウェブサイトはドンドン下位になり
やがてトップページから外れて下層ページからのリンクとなります。

下層ページは基本的にPRがついていない(ついている相互リンクサイトもあります)ので
無駄な相互リンクとなり高PR同士の相互リンクが成り立たなくなってしまいます。

ここはすごく注意したいところで、こまめに順位を確認してPRのついていない
下層ページになったら相互リンクを切ったほうがいいです。

順位が落ちないためにはPR5位のドメインは用意したいところなのです。

では、最後にもう一つだけ相互リンクサイトを教えます。

http://www.postmodernconservative.com/

即時登録自動相互リンク集

高PRのドメインを用意して相互リンクで上位表示させてしまいましょう。

では、本日はこの辺で。

また、来週の水曜日にお会いしましょう!

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ