広告がうまくいかない時の理由と具体的な3つの改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

広告を運用して、思ったような成果が
出ない時があるでしょう。

その原因について、具体的な理由と
改善策を3つ紹介します。

あなたのケースに合ったものを
参考にしてください。

どのケースも広告の指標である

・「表示回数」
・「クリック数」「クリック率」
・「コンバージョン数」「コンバージョン率」

の変化から、どのようなことが読み取れて、
改善につなげられるかの例を示します。

それでは、1つ目です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1、「表示回数」(インプレッション)は十分だが
   クリック数が少ない(=クリック率が低い)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広告の内容がクリックに結びついていない
(クリックする気にならない)ものに
なっている可能性があります。

または、本来のターゲット(見込み顧客)ではない
インターネットユーザーに対して広告が
表示されている可能性もあります。
(男性向け商品の広告を女性に対して表示するなど)

→ 広告の内容や配信対象を見直す必要があります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2、「コンバージョン率」は悪くないが
  「コンバージョン数」が目標に達していない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンバージョン率は、クリックされた回数に対する
コンバージョン数の比率なので、この場合、一定の
見込み顧客をサイトに集客できており、ランディングページ
(広告をクリックした際にとび先となるページ)の
商品訴求もうまくいっているといえます。

クリック率に問題がなければ、絶対的な集客数(クリック数)を
増やすために、広告の配信設定を見直して表示回数を増やす必要があります。

→ スポンサードサーチのみを利用している場合は、
  Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)を併用することで
  全体の広告表示回数を増やすことができます。

  YDNの「サイトリターゲティング」では、ウェブサイトを
  訪れたことがあるユーザーに対して広告を表示できます。

  一度サイトを訪れたことがあるということは、

 「商品に関心が高い=見込み顧客である度合いが高い」

  と考えられるため、「サイトリターゲティング」を活用することで、
  より高い広告効果が期待できます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3、「クリック率は高いが、コンバージョン率が低い」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クリック率が高いので、広告そのものはインターネットユーザーに
対してしっかりと訴求できていると考えられます。

しかし、コンバージョン率が低いということは、広告の内容と
実際の商品にずれがあったり、自社サイトに訪問してから
目的のページに至るまでに問題があったり
(「案内や説明がわかりづらい」「入力フォームが複雑」など)
といった、ウェブサイトの問題が考えられます。

→ 広告文とLPの関連性を見直してください。
  また、LPの改善を検討してください。

以上、3つの理由と改善策をご紹介しました。

このように、インターネット広告の運用では、
さまざまな指標を把握しておくことで、
重要な発見や正しい改善につなげることができます。

これらの指標は、広告管理ツールやアクセス解析ツールを
使って知ることができます。

ただし、正確な指標を得るためには、事前に準備が必要です。

Yahoo!プロモーション広告では、効果測定に役立つ、
次のような運用サポートツールがあります。

ーYahoo!アクセス解析

広告掲載における各指標はもちろん、ウェブサイトの
さまざまな指標を測定できるウェブアクセス解析サービスです。

ーYahoo!タグマネージャー

Yahoo!アクセス解析で分析をおこなうためには、サイトに「タグ」を
設定しておく必要があります。

Yahoo!タグマネージャーは、タグの設定や運用を
スムーズに行うためのタグ管理サービスです。

さっそく広告管理ツールにログインして、広告運用を見直しましょう!

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ