アドバンスドURL移行の失敗の原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いよいよ一括移行期間も、終了間近です。

一括作業をしていて

「移行設定に失敗しました」

と、表示されてしまうケースが
あると思います。

今回は、その主な原因と、対処方法について
解説します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・移行処理を設定して[実行]ボタンを押した後に
「移行設定に失敗しました」と表示された場合
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

① 表示URLの入力に、問題がある

 以下のようなURLを、「表示URL」に入力していないか、
 確認してください。

 ・URL の先頭に「 https:// 」を付けたURL

 ・URL の文字数が255 バイトを超えている
 (全角文字3 バイト、半角文字1 バイトで換算)

 ・表示URLと最終リンク先URLが、一致しない場合

 一括移行では、従来形式のリンク先URLの内容を、
 最終リンク先URLに一括でコピーします。

 この時、「最終リンク先URL」と「表示URL」が、
 同一のドメインであることが必要です。

 従来形式のリンク先URLと表示URLのドメインが異なる場合、
 移行対象から外れてしまいます。

 一括移行の設定時に、広告の表示URL は編集が可能です。

 その際に、最終リンク先URLのドメインと、
 同一にしましょう。

② 1つの広告グループ内に、移行対象となる広告が26件以上あるなど、
  一括移行により広告グループ内の広告が50件を超えている

 広告の一括移行では、元の広告の内容をコピーして、
 新たな広告が作成されます。

 1つの広告グループに設置できる広告は、
 最大で50件です。

 そのため、広告グループ内に審査中または移行対象となる広告
(審査済みかつ否認されていない広告)が26件以上あるなど、
 一括移行により広告グループ内の広告が50件を超える
 広告グループを選択すると、その広告グループでの移行処理は失敗します。

 この場合は、広告グループ内から不要な広告を削除し、
 広告数を減らしてから、再度一括移行を行ってください。

 設定上、広告数を減らすことが難しい場合は、URL一括編集や
 キャンペーンエディターを使ってみてください。

③ 一括移行の結果、広告名が同じになってしまった

 一括移行では、広告名の先頭に「AU_」という文字列を付与した広告が
 新たに作成されます。「AU_」が付与されて、広告名の上限である
 50文字を超えた場合、広告名の末尾3文字を自動的に削除します。

 この処理により、同じ広告グループ内に同一の広告名の広告が
 発生した場合は、その広告は移行対象から除外されます。

以上、一括移行に失敗する3つの理由と対策を
お伝えしました。

一括移行の期間は、もう終わります。

一括移行期間を過ぎてしまうと、
ツールも使えなくなり、同じ作業でも
かなり時間と手間がかかるようになってしまいます。

ラクしたいのであれば、今すぐ取りかかった方が
おトクですよ!

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ