ガイドラインに抵触しない広告とは?(ヘアケア編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

化粧品やコスメなどの商材を扱う場合、
広告作成で頭を悩ますのが、「薬事法」です。

「薬事法」は医薬品、医薬部外品、化粧品および
医療機器に関する運用などを定めた法律です。

具体的に、今回は化粧品の中で3つ

1、ヘアケア

・シャンプー
・リンス
・ヘアマニュキア

2、スキンケア

・基礎化粧品
・メイクアップ
・シェービング

3、その他

・歯磨き
・ネイルケア
・リップケア

にわけて、具体的な広告事例で

・広告に使用できる表現例

・広告に使用できない表現例

をご紹介します。

あなたの広告作成の際に、
参考にしてください。

1、ヘアケア

広告に使用できる例

・毛髪にはり、こしを与える
・毛先までしなやかに
・なめらかな手触りの髪に
・フケ、カユミを抑える
・ボリュームアップ

広告に使用できない例

・発毛促進
・育毛促進
・バージンヘアが蘇る
・傷んだ髪を修復
・健康な髪が蘇る

2、スキンケア

広告に使用できる例

・肌につやを与える
・肌をひきしめる
・肌を洗浄する
・皮膚に潤いを与える
・あせも、しもやけ、にきびを防ぐ

広告に使用できない例

・疲れた肌に、アンチエイジング
・小じわの悩みを解消する
・肌の老化を防ぐ
・肌の疲れを防ぐ
・シミ、そばかすが消える

3、その他

広告に使用できる例

・剃刀まけを防ぐ
・皮膚を保護し、ヒゲをそりやすくする
・皮膚の殺菌・消毒
・唇の荒れを防ぐ
・爪に潤いを与える

広告に使用できない例

・虫歯を治す
・タバコのヤニ除去
・歯茎を引き締める
・イライラを鎮めます
・病気が治る

化粧品関連商品は、品目も多く
扱うケースも多いと思います。

今回の広告表現事例を参考に、
審査に通る広告を作成しましょう!

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ