4月25日からの広告掲載基準変更について2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

4月25日から、ヤフープロモーション広告の
掲載基準が変更されています。

変更点が多く、これからどの程度影響が
出るのかは現状では未知数ですが、
前回の変更よりは厳しくなると
予想しています。

今のままですと、あなたの広告が全て
掲載不可になる可能性があります。

必ず目を通してください。

今回は、2点、変更点の追加解説です。

1、広告主体者の明示

今回の変更で、住所・電話番号の記載が
必須となりますが、その際に以下の点も
注意してください。

・主体者情報が不正確

メールアドレスの「@」部分を
迷惑メール防止のために、☆などに
している方もいるかと思います。

これは審査不可になります。

メールアドレスを、正確なものに
修正してください。

・主体者情報が画像形式

主体者情報を、画像形式にて
表示している場合、これも
審査落ちとなってしまいます。

一部でも、不可です。

主体者情報は、テキストで正確に
記載する必要があります。

2、広告の関連性について

広告の関連性は、これまでより
重視されます。

具体的には、以下のような広告は
審査落ちとなります。

・検索キーワードと関連する情報が
 不十分な広告
 
・訴求する商品やサービスなどの情報が
 不十分なリンク先のページ(LP)
 
・広告主による独自コンテンツが乏しい
 リンク先のページ(LP)
 

・アービトラージサイト等、第三者の
 サイトへのリンクや広告が多数掲載
 されているリンク先のページ

最後の部分は、一部の塾などで
教えている手法なので該当する方は
ほとんどいないと思います。

ですが、これまでの簡単なLPでは
審査により掲載不可となる
可能性があります。

LPについては、どの程度の
「情報」や「独自コンテンツ」が
求められているのかは、
現段階では具体的な記載がありません。

その為、どの程度の情報があればよいのかは
審査する人によるのではないか、
と予想します。

今後も、具体的な情報が分かり次第
お伝えさせていただきます。

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ