YDNだけに設定されているターゲティングとは(サイトカテゴリー)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードサーチとYDNでは、設定できる
ターゲティングが違います。

YDNのほうが、より細かい設定ができるのですが
どのような種類があるのか?

今回は、その内の1つ、

「サイトカテゴリー」

について、解説します。

サイトカテゴリーは、特定のカテゴリーに属するサイトに
広告を配信するターゲティング機能です。

特定カテゴリーのサイトに広告を配信したい場合は、
「設定する」を選択し、カテゴリーの一覧からカテゴリーを
指定してください。

カテゴリーは特定せず、すべての掲載面に広告を配信する場合は、
「設定しない」を選択してください。

設定は以下の2ステップです。

1、YDNで広告グループを作る際に、ターゲティング設定の
  「サイトカテゴリー」を設定する、にチェック
  

2、配信するカテゴリーを選ぶ

062_画像1

選べるサイトカテゴリーは、主に7つのジャンルです。

・ニュース、情報系
・ソーシャルサービス
・電子メール、ストレージ
・エンターテイメント
・専門サイト(サービス)
・専門サイト(製品、物販)
・専門サイト(その他)

それぞれの「+」をクリックすると
さらに細かく分かれたものが出てきます。

062_画像2

具体的な使い方ですが、例えば
国内の旅行案件を扱っていた場合、

・海外のニュース

のサイトを見ている人は、国内旅行に
関心は無いと予測して、チェックを入れない、
など、配信を絞りたい時に活用できます。

また、それぞれのカテゴリーの

・PCリーチ数
・スマートフォンリーチ数
・タブレットリーチ数

も参考値ですが、掲載されています。

リーチ数とは、YDNの広告を閲覧した1カ月間の
ユニークユーザー数のおおよその数値です。

この数値を参考に、デバイスでさらに
絞っても良いと思います。

この数字を見るだけでも、YDNの配信数の
多さがよくわかります。

まずは、

あなたが扱っている案件の見込み客は、
どんな事に興味があるのか?

この部分をよく考えた上で、サイトカテゴリーで
絞り込みを行ってください。

より、無駄な広告費が減り、
費用対効果が高くなります。

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ