掲載不可の理由(不明瞭なビジネスまたは誇張表現)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は、以下の審査落ちのケースを
ご紹介します。

不明瞭なビジネスまたは誇張表現

「取扱商品の内容やユーザーが受けられる
 サービスが不明確なサイトへの誘導、
 効果を誇張したり煽るような表現により
 ユーザーを誘導していると判断される
 サイトにつきましては掲載をお断りして
 おります。」

この様なメッセージが表示されます。

Yahooプロモーション広告の
広告規定には、次のように
記載されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(Yahoo!JAPAN広告掲載基準 第5章 27)

能力開発関連商材、情報商材(広く書店で販売されている一般書籍等を除く)

1、科学的な根拠データ等を示し、一般的に効果が
  検証されたものであるとしていること
  
2、利用者が冷静な判断をできるよう、客観的な
  データを適切に盛り込んでいること
  
3、目的を達成するために必要となる費用総額の
  表示があること事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

この違反の例は、情報商材系が多いです。

自分の商品であれば、販売ページを改良できますが
アフィリエイトの場合、それが出来ません。

アフィリエイトの場合、飛び先は
広告主のLPです。

そのページ自体が違反と
ヤフーに判断されてしまえば、
私たちではどうにもなりません。

その案件をやめるのも、一つの
選択肢です。

もし、どうしてもチャレンジしたい場合には

・期間を限定して出稿する

という方法もあります。

但し、長くは続きません。

情報商材は、ハードルが高いので
ライバルは少ないのは事実です。

短期でドカンと稼ぐ事に
チャレンジしてみたい方には
オススメです。

情報商材の場合、承認率は
ほぼ100%です。

やりすぎには、くれぐれも注意です。

アカウント自体が止められるリスクもありますので、
チャレンジするのであれば、別アカウントで
されるのをオススメします。

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ