突然税務署から・・・アフィリエイトと税金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、Nです。

今回は私の体験談を、お話ししたいと思います。

題して、

「突然来た税務署からの手紙!」(笑)

です。

でもこれ、実話なんです。

アフィリエイトをやっていて、売り上げが
そこそこ上がっている、なんていう方は
もしかしたら同じ体験をするかもしれません。

なのであなたが、そうなった時の
参考になればと思い、お話しします。

税務署からの突然の連絡から、
確定申告完了までのお話しです。

ある日、いつものように帰宅し
いつものように郵便受けを開けました。

すると、ピザのチラシなどに混じって
見慣れない茶封筒が1つ、
入っていたんです。

「なんだろうこれ?」

表に書かれていた差出人は

「◯◯税務署」

税務署からの郵便封筒でした。

そこそこアフィリエイトで稼いで
いたので、いつかはくるかも・・・

と思っていましたが、実際に来てみると
やっぱりビックリです。

どうしていいのか、さっぱりわかりません。

とりあえず封筒を開けてみると、
税務調査がしたいので連絡をくれ、
という内容でした。

無視もできないので、翌日
税務署に電話してみました。

が、その時は担当者が不在で
電話に出たおばちゃんに
折り返しをお願いしました。

そのおばちゃんが、ふざけていて
「そちらからかけ直してくれ」
みたいなことを言うので、
きっぱりお断りしました。

翌日、担当者から連絡がありました。

割と低姿勢で、言葉遣いも丁寧だったので
安心しました。

「忙しいから厳しい」
「仕事があるから平日は無理」

等、ごねてみたのですが
最後にはやんわり、法律を
ちらつかされるので、やむなく
税務調査を了承しました。

ただし、こちらの指定日時に
訪問してもらうことを条件と
しました。

家に来られるのは嫌だったので、
外で会いたいといったのですが、
これもダメでした。

自宅には、税務署員が2人で
来るとのことでした。

「どうしたらいいのかな・・・」

この時の正直な気持ちです。

当然、税務知識などあるはずもなく
このままだと、税務署に言われるが
ままになってしまう・・・

専門知識もないから反論も出来ないし・・・

そこで付き合いのある方に相談をし、
いろいろとアドバイスをもらいました。

結果的に、

「専門家を雇う」

というのが一番だと判断し、
税理士を紹介してもらいました。

その税理士さんから、連絡をもらい
まずは事情を説明して相談する事となりました。

その税理士とのやりとりや、実際の税務調査の
話しなど、続きはまた次回お話ししたいと思います。

N

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ