ヤフープロモーション広告の広告掲載基準変更の影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、Nです。

今回は、8/24に行われたヤフーリスティングの
広告掲載基準変更について、私なりの意見を
お話ししたいと思います。

ヤフーからは7/27に

「広告掲載基準変更のお知らせ」

としてメールがあり、8/24から
実施されています。

この件で、メルマガ等で
「ペラサイトが出稿できなくなる!」
と、騒いでる方が多いようです。

それって、本当なのか?

私の結論としては、ペラサイトが
ダメなのではなくて、その中身や
アフィリの方法による、と
解釈しています。

これまで一部の方にお伝えしてきた
私の手法は、それほど影響ない、
との結論です。

あるとすれば、自社コンテンツの
量の部分が厳しくなるのかな、
という程度です。

そう判断した理由は、ヤフーからの
リリースで、

・変更前と変更後で、文言のどの部分が
 変わったのか?

・どう追加されたのか?

そこに注目したからです。

まずは、こちらの部分です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アービトラージサイトなど、リンク先の
ページに自社コンテンツがほぼなく、
第三者へのリンクや広告が多数表示されている
ページへリンクすることはできません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「アービトラージサイト」

というのは、クリック単価の
安いキーワードで
自分のサイトにアクセスを集め、
アドセンスをクリックさせ、
その差額で儲ける、という
手法のサイトです。

どこかの塾で、この方法を教えているそうです。

それを明文化して禁止したものだと思います。

また、多くの人が気になっているのが

「自社コンテンツがほぼなく」

という部分だろうかと思います。

ここは、正直もう少し様子を見ないと
わかりません。

ですが、コンテンツ不足で審査に
引っかかることは、規約変更前から
ありました。

それでも、簡単な対策で再審査を
パスしてます。

次に、

「広告が多数表示されているページ」

これも、お伝えしている方法であれば
全く問題ありません。

これについても、ある塾で教えている
手法を禁止するために明文化したのでは
ないかと思います。

詳しくはお伝えしませんが、
全く関連性のないキーワードで、
とにかくアクサスを集め、
何か興味のありそうなものを、
自分のサイトでクリックさせる、
というような手法です。

検索キーワードと広告、リンク先ページの
関連性についても、以前から規約には
ありましたが、

「関連性があっても低いもの」

という文言が追加されていました。

関連性については、より厳しく審査するよ、
という意思表示だと思います。

これは予想ですが、ヤフーの意図は、

1、アービトラージサイト
2、たくさんの広告が掲載されてるサイト
3、どこかの塾のように、とにかくアクセスを集めて
  クッキーを踏ませるアフィリサイト
 (検索キーワードと関連がない)

を、排除しようという意図ではないかと
思います。

一言で言うと、

「検索ユーザーの意図に反するサイト」

だと言えます。

今日現在、私のサイトは今まで通り
変わらず稼働しています。

何か変化があれば、またこのメルマガで
報告します。

それでは、また!

N

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ