広告文のチェックポイント7つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、Nです。

今回は、

「広告文のチェックポイント7つ」

をお話しします。

PPC広告は、広告をクリックしてもらわないと
何も始まりません。

そこで、広告文を作成し、出稿するときにチェックすべき
ポイントを今回は3つ、次回に4つお伝えします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、広告文にはターゲットキーワードを入れる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もうご存知かとおもいますが、基本的には
タイトル・説明文にはキーワードを入れてください。

その部分が太字で表示され目立ちます。

目立つということは、クリックされる確率も
上がるということです。

ただし、アフィリエイトにありがちですが、
競合が同じような広告文で訴求をしていたら、
差別化をしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2、使用可能な記号の確認
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサードサーチの場合、使える記号については
かなり制限されています。

以前はもう少し使えたのですが。

かっこも()1つだけですし、
矢印も使えません。

ギリシャ文字はOKなんですが。

見たことがない、という方は
一度見ておいてください。

最近見てないなあ、という方も
確認のために、ぜひ。

・使用可能な記号種別(ヤフー公式)

 https://help.marketing.yahoo.co.jp/ja/?p=1669

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3、広告文は競合と差別化する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1でお伝えしましたが、事前のリサーチで
競合が同じようなタイトル、説明文を使っていたら
全く違うものを試してください。

PPCアフィリエイトで、商標OK案件などで
ありがちです。

例えば、キューサイの青汁のアフィリで
キューサイのキーワードで出稿する場合、

「キューサイの青汁はこちらから」
「キューサイの青汁/送料無料」

のような広告ばかりであれば、

「まだコレ試してないの?例の青汁」

といったように、あえてキューサイを
使わない訴求というのもアリです。

そろいもそろって同じタイトルの時には
有効です。

以上、今回は3つのポイントを
お伝えしました。

次回は残りの4つのポイントを
お伝えします。

それでは、また!

N

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ