アドワーズで情報商材を売る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
藤田哲也です。

私が起業出来たのは「テニス上達法」の
情報コンテンツを販売したのがきっかけです。

俗に言う「情報商材」です。

以前はライバルが全くおらず
アドワーズ広告もガンガン使えていました。

アドワーズ広告というのは
グーグルのリスティング広告のことです。

そのおかげで、私の起業スタートは
うまい具合に進んでいきました。

でも、それからしばらくして
アドワーズ広告が使えなくなり。

売上が少しずつ減っていきました。

それもあって、そのタイミングで撤退し、
起業支援のコンサルティング事業をメインに
活動をしています。

アドワーズ広告が思うように使えなくなって以来、
私自身のコンテンツをアドワーズ広告を使って
販売したことはありません。

・・・、ついこの間までは。

実は自社で以前作成していた情報コンテンツを
最近になってアドワーズで販売をしています。

実験的な要素が強いので本格稼働ではないのですが、
コテコテの情報コンテンツを販売しています。

今のところ審査も通過し、売上もボチボチあがっています。

アドワーズの審査に関しても対処法も分かっているので
もし停止になっても大丈夫だと思っています。

ただ、まだ停止していないので何ともいえませんが。

アドワーズ広告は情報商材を広告に出せないとは
一言も規約で言っていません。

胡散臭い、きちんとしたノウハウだと証明できないから
広告掲載できないだけなんです。

現に、いまアドワーズ広告を見たら分かりますが、
情報コンテンツが普通に出ています。

普通にセールスレターに飛ばして直売りしています。

だから情報商材だから駄目というのではないのです。

ファッションなども、昔の流行がいまになって
また流行したりすることってありますよね?

もしかしたら情報商材をアドワーズ広告で
ガンガン売れる時期に戻ってきたのかもしれません。

もちろん昔と比べて、広告に出せるコンテンツは
かなり限られると思います。

でも、出せるコンテンツの特徴は分かってきたので
それでいくつか量産出来ればおもしろいかなと。

この辺の成果に関しては、いずれ公開します。

そもそもライバルがほとんどいないキーワードばかりなので、
それだけでも売りやすいことは一目瞭然です。

ほとんどの人が出せることを知らないわけですから。

まさに、私が起業時に体験していた状況なんです。

その辺の情報は近々シェアしたいと思います。

ぜひ楽しみにしていてください。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ