売れる商品を手にするたった1つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日はブレイク術、第2回目の講座でした。

ブレイク術に参加されているほとんどの方は
売れる商品を持っていません。

なので、ゼロから作り上げるための方法を
今回はお伝えさせていただきました。

ワークを中心に様々な角度から売れる商品、
特に高単価商品の作成法をお伝えしました。

かなり大変だったと思いますが、
ここで実践した成果が本番のセールスに
確実に役に立っていきます。

ぜひ、引き続きお客さんの悩みを解決できる
高単価商品を作成できるよう、取り組んでほしいと
思っています。

さて、今日は在宅起業のシリーズはお休みにして、
せっかくなので商品作成法について。

特に売れる商品の作り方について
お話ししたいと思います。

まず、大原則として売れる商品かどうかは
売ってみないと最終的には分かりません。

これは当然ですよね?

特にある程度の価格帯の商品であれば尚更です。

なので、売れる商品を作る際に大事なのは
あまり考えすぎないことです。

そして、作成に時間をかけすぎないこと。

まずは売ってみましょう。

この思考が大事です。

私は完全にこの考え方でやっていて、
売りながら改善していく手法でやっています。

もちろん最初に購入してくれたお客さんには
改善されたノウハウやサポートは無償でお付けします。

なので、その辺は全然気にする必要ないです。

最初から売れればいいのですが、
そうならないケースもあります。

その場合は、改善して販売するという流れを繰り返し
最適なコンセプトや売り方を探っていきます。

なので、良い商品に仕上げようと思って
時間をかけすぎるのはよくないです。

お客さんにとって良い商品かどうかは
お客さんに使ってもらわない限り
分かりませんからね。

だから、まずはお客さんに届ける。

これを徹底していきましょう。

あとはニーズがある商品か?

そして、お客さんにリーチ出来る商品か?

これを考えていけば売れる商品になります。

ニーズがなければ当然売れません。

また、お客さんを見つける方法がなければ
当然どんな商品でも売れません。

どんなに自分が売りたい商品でも
ニーズがなければ売れません。

またお客さんがどこにいて、
どのようにアプローチしていけばいいのか?

これがイメージできないのであれば、
どんなに良い商品でも売れません。

売りたい商品が売れる商品に
なるとは限りません。

なので、あまりこだわり過ぎるのも
よくありません。

売れるかどうかわからないのなら、
あれこれ考えずに売ってみる。

こだわりの商品が売れないのであれば
他の商品を売ってみる。

このように臨機応変に対応すること。

これこそ売れる商品を手に出来る
たった1つの方法かなと思います。

考えても分からないことは
実践してみること。

これが理解できていれば
自ずと売れる商品を手に入れることが
出来ますのでお試しあれ。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ