一人起業家の格差が拡がっています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一人起業家であれば、まず目標になるのが
年収1000万円という数字かなと思います。

正確に言えば、年商1000万円、
売上1000万円ですが、ここでは年収という
表記でお話ししたいと思います。

法人化していない限りは、売上=自分の収入という
図式で問題ないですからね。

ちなみに売上が1000万円を超えると
2年後には消費税の納付義務が生じます。

正確にはもう少し例外はあるのですが、
年収1000万円というラインは、立派な
起業家と対外的にも認められる。

そんな数字だと思っていただいて結構です。

私の場合は、起業して3年目で年収1000万円を
突破することが出来ました。

それまでも600万円とか、800万円とか。

そのくらいは初年度からいっていましたが、
3年目で1000万円を突破しました。

ちょっと遅いかもしれませんね・・・^^;

私は器用な人間ではないので、
どうしても時間がかかってしまいます。

起業当初は月100万円が目標でした。

単月でしかクリアできなかった数字が
少しずつ継続できるようになりました。

一発ドカン!だけではなく、
継続して売上を上げていく・・・。

その積み重ねが1000万円という
大きな売上となりました。

私も少しずつ積み上げていった結果、
いまのような実績となったのです。

いまは時代が良くなってきて、
一発ドカン!で1000万円は楽勝です。

私が起業した当初は1回の商品販売で
1000万円いったら神扱いでした(笑)

いまは正直、誰でもいけるレベルです。

だからこそ年収1000万円という数字は
大きな壁ではなくなってきたと感じています。

様々なマーケティングスキルを開発してくれた
先人に感謝しないといけませんね。

でも一方では、年収1000万円どころか
年収300万円以下の方はまだまだ多いです。

上は年収1億円とかがゴロゴロいるのに、
未だに年収300万円以下の方も多い。

一人起業家の世界でも“格差”が拡がっています。

せっかく起業したわけですから、
サラリーマンの頃よりは収入は増やすべき。

私はそういう考え方です。

なぜならば、リスクを背負っているから。

会社は守ってくれないわけですから、
収入が増えなければ、いざというとき危険です。

年収300万円以下の一人起業家は
決して劣っているとは思いません。

彼らも毎日忙しく動き回って
必死にビジネスをしています。

だからサボっているとか
そういったことはありません。

では、どうして収入を増やすことはできないのか?

その理由は簡単です。

それは・・・、

「やるべきことに集中できていない」

これです。

人間だれしも時間は平等です。

その時間の使い方が完全に間違っています。

だから忙しいのに収入が増えていかないのです。

私はいまほとんど働いていません。

長くても1日3時間くらい。

それでも収入はトップ1%の中に
入っているはずです。

つまり会社の売上はその倍以上は
あるということ。

これは、「自分がやるべきことに集中できる環境」を
意識して作り上げた結果です。

スキルがあるとか、才能があるとか。

そういった問題ではないのです。

では、どうしてそういった働き方が
出来るようになったのか?

その辺を次回よりお伝えしていきます。

必死に働かなくても年収1000万円を
ラクに突破できる方法を知りたい。

そういった方には参考になると思います。

スキルやセンスは関係ないので。

ぜひ、楽しみにしていてください。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ