運をつかむ人、つかめない人の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誕生日企画は無事終了しました。

お申込みいただいた方の中には
かなり売れそうな企画もあり、
非常にやりがいを感じています。

おそらくこの中から数百万円単位での
売上が上がっていくでしょう。

我ながら良い企画だったと思います。

もう二度とやりませんけどね^^;

ただ、思ったほど仮申し込みから
本申込みがなかったんですよね。

想定では仮申し込みの方が全員
本申込みされると思っていました。

ただ、ふたを開けてみれば
4割の方が申し込まれませんでした。

正直「???」です。

せっかくの感謝企画だったのに
かなり残念な結果でした。

ただ、本申込みされた方は
申し込むべくして申し込まれた方ばかり。

ご自身のビジネスが明確で
問題点も理解している。

その問題を解決できるサービスが
信じられない価格で利用できる。

申し込まない理由はなかったはずです。

いずれの方も真面目に自分のビジネスに
取り組んでいる方ばかり。

そういった方たちのサポートが出来るので
少しでも助けになるよう精いっぱい頑張りたいと
思っています。

今回の企画は大きなチャンスだったはず。

この大きなチャンスを掴めるかどうかは
日々の行動が大きく関係しています。

何となく「起業したいな〜」「こんなビジネスどうかな〜」で
終わっている人には全く響かなかったはずです。

自分なりに動き出してはいるが、
出来ないことが多すぎて前に進んでいかない。

毎日忙しくて自分1人では対応できない。

前向きに行動しているからこそ
次から次へと出てくる問題。

何とかしてこれら問題を解決したいと考え
日々行動していた方がチャンスを掴むのは
当然のことなのかもしれません。

そして、こういった日々の積み重ねで
大きな差が出るようになります。

結果を出している人は、今回のようなチャンスを
確実に掴んで問題を解決しています。

結果を出せるかは“運”だという方もいますが、
運を味方に付けるかどうかは日々の行動次第。

何となく、漠然と毎日を過ごしていては
大きなチャンスも平気で逃してしまいます。

その結果、運すら手放してしまう。

そういうものです。

傍観者になることなく、常に主体的に
何事にも取り組むこと。

そうすることでチャンスを逃すことがなくなり、
その結果として運を掴むことができるようになります。

自分の問題点を常に意識出来れば
チャンスを逃すことはなくなります。

私は起業して12年です。

今のあなたの問題を解決する術は
いくらでも持ち合わせていると思っています。

次回は、チャンスを逃さないように
していただければと思います。

後悔しても時間は巻き戻せませんので。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ