ルールは破るためにあるは本当か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先々週から少し風邪を引いていたのですが、
そこから咳喘息になってしまいました。

毎回このパターンなので対応方法は
分かっているのですが、まだ咳が治まって
いません。

もう風邪自体は治っているのでうつることはないのですが、
やっぱり近くで咳き込みされたら気になりますよね?

昨日もセミナーでお聞き苦しいところがあり
ご迷惑をおかけしました・・・。

今週は天気が良い日もありそうなので、
サーフィンと自転車で身体をいじめて
体力を戻したいと思います!

プラチナチームの面談も進みまして、
ほぼ確定することが出来ました。

今後はチーム単位でビジネスを興したり、
クライアントさんをサポートしていきます。

私1人では取り組めなかったところにも
どんどん入れると思います。

まずは無理矢理チームで動かして
結果を出していただくこと。

スピードを意識して取り組みたいと思います。

で、良いチームを作るには
やっぱり約束事、ルールが必要です。

ルールは破るためにあるなんて
言う方もいますが・・・。

私はルールは守るべきだという
考え方です。

約束は守る、期限は守る。

最低限チームでの約束事は
守っていかなければいいチームは
作れないと思います。

もちろん最大限努力しても
その約束事を果たせないことが
あるかもしれません。

それはそこまでの頑張りを尊重し、
再度期限を作れば良いのです。

そこをどうこう攻めることはしません。

ただ、最大限の努力をせずに
約束事を簡単に変更すること。

これは絶対にダメです。

少なくとも私は許せません。

その日までに準備を完了するには
遅くともこの日までには仕上げないといけない。

次の作業をするメンバーも控えているから
迷惑をかけないようにしないといけない。

予定通り進んでいないと、きっとクライアントも
不安になるだろう・・・。

チームメンバー同士で相手を思いやり、
その思いやりの気持ちが自然とルールを
守ることにつながります。

こういう気持ちを持てずに平気で
期限に遅れる場合・・・。

それは単なる“依存”になります。

“誰かが何とかしてくれるだろう”

この考え方では、いつまで経っても
自立した起業家にはなれないでしょう。

起業して最初は良くても
消えていく人はたくさんいます。

ビギナーズラックで一生食べていけるほど
世の中甘くはありません。

チームで起業したとしても、
個々は自立した状態。

仲良し集団ではなく、自立した起業家が
集まった最強の集団。

そういったチームを作れるように
色々と工夫していきたいなと思います。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ