起業家のお給料とボーナスの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私がサラリーマンだったころは、
7月10日がボーナスの支給日でした。

今年の7月10日は日曜日だったので、
もしかしたら今日がボーナス支給日の方も
多いのかと思います。

このあと15日後にはお給料も出ますので
7月は結構ウハウハですよね^^

もう15年前のことですが、私もボーナス支給日は
楽しみにしていたことは覚えています。

使い方は人それぞれだと思いますが、
今後の人生への投資も忘れないようにしましょう。

貯金しても何にもなりませんから。

起業家になると、特にボーナスというのはありません。

役員報酬を決めて、それを毎月受け取るという形です。

役員報酬は期が始まってから3か月以内に決める必要があって、
それ以降は変更は出来ません。

なので、今期の利益を予想して、無理のない範囲で
役員報酬を決めることが大切になります。

給料を取り過ぎて会社を赤字にするなんて
馬鹿がやることですからね。

いまは会社にお金を残す方向で動いているので
役員報酬で迷うことはなくなりました。

でも、起業家にも給料とボーナスという考え方はあります。

起業家にとっての給料は、毎月入ってくる
安定した売上。

ボーナスは、プロモーションなどをおこなって
短期間で一気に得られた売上のこと。

どちらも起業家には不可欠な収益源です。

どちらか一方だけでは、いずれ経営は厳しくなります。

短期間でのプロモーションに頼った収益構造では、
毎月の売上が安定しません。

基本的には毎月の売上と経費は安定させるべきだと
私は考えているからです。

その月だけ売上や経費が突出していることは
経営の観点から見たら、よろしくないと思っています。

毎月の安定した売上から、経費を引いた上で
利益がきちんと残るように調整する。

これが出来れば、経営は安泰です。

起業家にとっての理想の売上は、
毎月の安定した売上と、安定した経費。

それに加えて、1年に2回くらいのプロモーションで
大きな収入をドカン!と上げる。

これで年商3000万円から5000万円
くらい上がれば充分かなと思います。

私はこれ以上稼ぐ理由が見当たらないので
毎年だいたいこのレベルで収まっています。

売上を増やすことだけが正解ではありませんから。

で、プロモーションでドカン!と売上げることは
実は意外とできちゃったりします。

どちらかというと毎月安定した売上を確保すること。

こちらの方が難しいです。

いわゆる「継続収入」を得られるビジネスを
作り上げる必要があるからです。

毎月1日には、その月の売上がある程度上がっている状態。

継続収入ビジネスは、いわゆる心の安定剤です。

そういったビジネスを1つでも構築出来れば、
ボーナスがそのまま利益になっていきます。

ただ、継続収入ビジネスは、起業初心者はもちろん
スキルや経験関係なく、構築することは難しいです。

様々なハードルを越えないといけません。

その辺は次回より解説していきたいと思っています。

継続収入ビジネスを構築するための方法などを
これからお話ししていきたいと思います。

続きを知りたい方は、メルマガへのご登録をお願いいたします。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ