決断が早い人ほどチャンスを掴む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

決断が早い人ほど、確実にチャンスを掴んでいる。

これは私自身の実感でもあり、結果を出している
クライアントさんの特徴でもあります。

ただ、これって何にも考えていないわけではなく、
きちんと考えた上で決断が早いのです。

だからこそ結果が出るのも早いし、それを継続できる。

結果が出る人は、出るべくして出ている。

これは紛れもない事実です。

では、なぜ決断が早いのか?

それは常に、自分の問題点を意識し、
それを解決するための行動をしているからです。

例えば、私が開催している起業セミナー。

本気で起業したいと考えている人は、
自分に足りないところを意識して
セミナーに参加をしています。

自分に必要な部分を常に意識しているからこそ、
セミナーの中から必死に情報を得ようとします。

だからこそ、数少ないチャンスを逃さずに
決断をすることができるのです。

でも、毎日何の問題意識も持たずに、
何となく「起業できたらいいな〜」で
終わっている人。

こういった方は、自分の問題点が
全く理解できていません。

ですから、問題を解決できるセミナーであっても
それに気づくことが出来ずに行動出来ません。

または、必要性は感じているけれども
グズグズして決断のタイミングが遅れる。

結果が出ない人、起業に向けて行動出来ない人。

こういった方は、そうなるべくしてなっている。

ここは気付いてほしいなと思います。

私は起業当初、飯のネタになるものは
何1つ持っていないと思っていました。

ですから、図書館などに籠って
自己啓発の本などを読むなどして
必死に起業のヒントを探していました。

そんな中、イオンの本屋さんで
見つけた1冊の本。

私はこの本の内容を信じて、自分なりに情報を集め
起業初月からそれなりの利益を出すことが出来たのです。

あの時、自分の直感を信じて
出来る限りのことを夢中で
取り組んだこと。

あの時の経験とスキルが、
いまも生きています。

もしかしたら、もっと結果が出やすい方法が
あったかもしれません。

もしかしたら、上手くいったのは偶然で、
単に運が良かっただけかもしれません。

でも、そんなことはどうでも良い。

自分が決断して取り組んだのだから
責任を持って結果が出るまでやり切る。

そんなの当たり前です。

「出来ないかもしれない」という気持ちは
決断出来ない自分を正当化しようとする
完全な言い訳に過ぎません。

そうやって、自分がやらない言い訳を作り、
決断を先送りしている人は本当に多いです。

いい大人が、本当に情けない。

当事者意識がなく、どこか傍観者のまま。

セミナーに出ても、メモすら取らない。

筆記用具すら持ってきていない。

厳しい言い方だと思われるかもしれませんが、
そんな人は起業しない方が良いです。

起業しても周りに迷惑をかけるだけ。

待っているのは【廃業】だけです。

私は起業という道を選択したことで、
理想のライフスタイルを送れるように
なりました。

でも、これは自然になったのではなく、
自ら決断し、行動し、勝ち取ったものです。

その時々で、即座に決断をして
チャンスを逃さずに行動した結果です。

決断をせずに、行動もせずに、苦労もしない。

そういう考え方では、何をしようが
起業などできるわけない。

もっとこうしておけば良かったと
後悔しても遅いということ。

これは忘れないでください。

あなたが、もし今回の内容を見て、
少しでも気付くところがあるのなら。

ぜひ、今すぐ決断してください。

小さな決断の積み重ね、行動の積み重ねだけが
あなたに大きな成果をもたらすのです。

まずは、ここに参加することが最初の一歩。

チャンスを掴める人になってください。

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/k-semi.htm

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ