会社にお金を残すか?自分にお金を残すか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

起業して順調に軌道に乗ることが出来れば
意外と簡単に売上が増えていきます。

私の感覚だと、何でこんな大金が毎月のように
口座に振り込まれるんだろう?

そんな感じです。

もちろんきちんと動いた結果ではあるのですが、
それほど働いていないのに売上が増えている。

そういう感覚になります。

で、売上が増えてくると、1つ問題が出てきます。

それは・・・、

会社にお金を残すか or 自分にお金を残すか

という問題です。

これって誰もが通る道かなと思います。

そして、ほとんどの人が個人にお金を残すことを考え、
自分の給料を増やし、会社の利益を減らそうとします。

会社名義で車を買ったりするのは王道パターンですね。

税金でもっていかれるくらいなら・・・、って感じで
会社の利益をあの手この手で減らそうとします。

私も会社に残すんじゃなくて、個人に残す形を選択しました。

でも、この考えは間違っていたと感じています。

個人にお金を残す方法はおすすめしません。

理由は簡単で、いくら給料を増やしても
お金が残らないからです。

収入に見合った消費をしてしまうからです。

つまり、いくら稼いでもお金が残らないのは
変わらないということです。

一方、会社に残そうとしたらどうでしょう?

会社のお金ですので、そう簡単に無駄遣いは出来ません。

それなりの使い道でしか経費としては
認められないからです。

もちろん会社にお金を残せば、税金を多く
払うことになります。

ただ、それでも所詮は3割程度です。

1000万円利益が取れれば、700万円は残ります。

でも、個人に残せば700万円は残らないでしょう。

個人に残しても何だかんだ税金はかかります。

そして、無駄に生活水準が上がってしまうので、
いざというときに下げることが難しくなります。

一方、会社にお金を残すようにすれば、
税金は取られますが、確実に利益は残ります。

それを積み立てておけば、強固な会社基盤を
構築することが出来ます。

何があっても数年はビクともしない
会社経営が出来ます。

銀行融資も簡単に受けることが出来ます。

私のような1人会社は、会社のお金=社長のお金です。

最終的にリタイアして会社を清算する際には、
会社の資産は社長のものになります。

私の場合、会社の株主は私だけですから。

会社の利益が1億円あれば、いくらか税金で引かれて
9000万円ほどが社長の元に入ります。

つまり会社に残したとしても、最終的には
社長であるあなたに戻ってくるのです。

正直、どっちが得とか損とか。

そういう議論ではありません。

あなたがどういうライフプランを考えているのか?

それで決めるべきです。

ただ、私の経験上では、会社に残した方が
絶対に良いと思っています。

下手な節税をすることはおすすめしません。

私のいまの目標は毎年会社の利益を1000万円残すこと。

今期はちょっと厳しい感じですが、来期は問題なくできるかなと。

その準備を今期は重点的にやってきました。

いいじゃないですか、税金払っても。

どうせ無駄遣いしかされていないんでしょうけど・・・(笑)

それでも、その税金で構築してきた日本という国で
安全に仕事をさせていただいているわけですから。

その恩には報いないといけませんからね。

PS.

こちらでは、そういった起業後のライフプランなど
そういったサポートもおこなう予定です。

起業前のころはピンとこないと思いますが、
儲かったら儲かったで悩みは尽きないものですから。

起業して成功させるためのサポート、
そして起業を安全に継続させるためのサポート。

その辺も合わせておこなっていきます。

いろいろと失敗もしてきていますので、
そういう意味ではお役にたてると思います。

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/shouhin.htm

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ