自分の軸は何なのかを考えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
藤田哲也です。

起業するということは、
経営者になるということです。

何をするにしても、基本的には
全て自分で判断することになります。

それが難しい場合は、専門家などに
助言を求めて乗り越えていきます。

自分の会社ですから、その会社をどうするか?

そこはあなたにしか分かりません。

ただ、自分の会社をどう経営していくか?
と言われても、正直よく分からないはずです。

とりあえず売上を上げないといけないので、
それに必死になるでしょう。

そうなってしまうと、自分の会社が
どこに向かっているのか?

そこが定まらなくなります。

最初のうちは別に問題はないと思いますが、
これがジワジワ聞いてくるのが、起業して
3年過ぎたくらいからです。

自分の会社は、どこに向かうべきなのか?

そこを明確にしておかないと、
少しずつ歯車がかみ合わなくなります。

以前は、調子よく儲かっていたのに、
途端に売上が上がらなくなってきます。

なぜ、そうなってしまうのか?

理由は簡単で、自分の会社の立ち位置、
つまりあなたの立ち位置が明確じゃなかったので、
全てがブレまくってしまうのです。

調子がいい時は気にならないのですが、
売上が下がってくると、歯止めが効かなくなります。

軸がない家は簡単に倒れますが、
それと同じこと。

あなた自身に軸となるものがないので
強風が吹き始めると一気に倒れてしまいます。

こうならないようにするには、
まず、あなたの軸となる考え方を
明確にしていきます。

いわゆる企業理念というものです。

なぜ、自分はこのビジネスをしているのか?

それを企業理念として明確にするのです。

ここが定まることで、何かトラブルがあっても
どっしり構えて対応することが出来ます。

強風が吹いても、ビクともしなくなります。

経営は調子がいい時は、本当に何にもしなくても
勝手に売上が上がるようになります。

でも、そんな良い時間は長くは続きません。

一気に売上が下がり、状況が悪くなります。

でも、ここで企業理念がきちんと定まっていれば
ブレることなく、慌てることなく、立て直すことが出来ます。

軸からはずれた儲け話などにも手を出さなくなり、
骨太な会社を作ることが出来ます。

まだまだ、経営のことなんて先の話と
思っているかもしれません。

でも、参考になることもあると思います。

儲かれば何でも良いという考え方では
起業しても乗り越えていけない。

これだけは理解しておいてください。

一発屋にだけはならないように
ご注意くださいませ。

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ