イクメン起業のルーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
藤田哲也です。

メルマガがこの形式になってから
家族の話が皆無だったような気がします。

今日は土曜日ですので、久しぶりに
家族の話をしようかと思います。

最近の我が家の大きな出来事は
上の娘の卒園です。

そう、私が起業したばかりの頃
ずっと育児をしていた娘です。

もう来月には7歳になるんですよね。

月日が流れるのは早いものです。

あの頃は起業したとはいえ、
売上も安定していませんでした。

月100万円を超えるときもあれば
月20万円のときもある。

そんな感じでした。

ただ、ようやく安定させる方法を見つけて、
その方法を実践している時期だったと記憶しています。

妻は産休が終わったら、すぐに仕事に復帰。

朝8時には家を出て、遅い時には帰宅が
19時を過ぎるときもありました。

その間、私がずっと育児を担当していました。

午前中は、家の中で遊んで散歩に連れて行きます。

ミルクをあげたり、おむつを替えたりして、
抱っこをすると、だいたい寝てくれます。

そのまま数時間のお昼寝。

上の娘は本当のいい子で、私の抱っこで、
あっという間に寝てくれていました。

今も、私の抱っこが大好きなのは困りものですが・・・。

お昼寝から起きたら、またお散歩に行ったりして、
妻が帰ってくるまで一緒に過ごしてました。

娘が輪ゴムを食べてしまった時は焦りました・・・(苦笑)

いろんな思い出があります。

ほぼ付きっきりでしたけど、仕事はお昼寝の時間に
ガーッとやっていたので問題なかったです。

夜も仕事できますしね。

そんなこんなで翌年に保育園に入るまで
私が日中はずっと育児をしていました。

必死でしたけど、楽しい時間でした。

その間に年収1000万円を達成し、
いまの「イクメン起業」につながっています。

そんな上の娘も来月から小学校に上がります。

このメルマガをご覧いただいているときは
すでに卒園式は終わっています。

おそらく泣いていないと思いますが、
正直あまり自信がないです。

1歳から保育園に通っていましたから
本当に頑張ったと思います。

そして、小学校でもいつものように
元気に頑張ってほしいと思います。

そのために出来ることは何でもやりますよ、もちろん。

家族の幸せと安全を守るのが父親の役目ですから。

あなたも家族を守れる父親になれるよう
頑張っていきましょう!

家族に邪険にされる、信用されない。

そんな情けない父親にならないように
気を付けてくださいね。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ