スイートテンダイヤモンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
藤田哲也です。

私事で恐縮ですが、本日3月9日は
私と妻の結婚記念日です。

厳密に言うと今日は入籍した日。

結婚式を挙げたのは10月16日で、
これは私の誕生日でもあります。

そしてこの2015年3月9日で
結婚してちょうど10年となります。

私が会社を辞めたのは、2005年の8月。

ちょうどお盆休み前の週でした。

サラリーマン生活最後の日。

会社を出た時のあの清々しい空気。

8月ですので暑かったはずなんですが、
私の記憶では春の陽気のイメージしか
ありません。

結婚して5か月後には会社を辞め、
結婚式当日は無職・・・(苦笑)

それが私たちの結婚生活スタートの年でした。

あれから10年経ちます。

何のアテもなく会社を辞めた私に
妻は何にも言いませんでした。

朝から晩まで働いていましたので
「ご苦労様でした」と言ってくれたのは
よくおぼえています。

それから日雇い仕事をしたり、
郵便配達のアルバイトをしたり。

その合間に図書館に籠って本を読み、
新刊は本屋さんで立読みをしました。

パソコンを触る機会はほとんどなかったので、
情報収集をするとしたら書籍だけしか
思いつきませんでした。

でも、幸いなことに良い本に巡り合えて
その2週間後、私は起業することができ、
初月でサラリーマン時代の給料を超えるだけの
収入を得ることが出来ました。

会社を辞めた時に唯一決めていたのは
「妻の収入には手を付けないこと」

会社を辞めても家族を養うのは
男である私の収入であるべき。

そう思っていましたので、アルバイトなどをして
無理なく生活できるレベルまで収入を得ていました。

子供はまだいませんでしたので、
全然余裕でしたけどね。

あの頃は、妻が仕事が終わるくらいの時間に
自宅近くのスーパーで待ち合わせをして、
買い物に行くのが日課でした。

遅い時間だと食材が安くなりますから。

で、小腹が空いている頃ですので、
値引きされた大福を1個買います。

それを帰り道に半分個して食べる。

それが習慣でした。

今では良い思い出です。

クライアントとの会話の中での、あるある。

何かしら決断を迫られたときに
決まって言い訳がましく言うセリフがあります。

「妻に反対されて・・・」

はぁ?

おいおい、奥さんに反対されただけで
引き下がるってどういうこと?

そもそも奥さんが応援してくれないって
どんだけ今まで信頼を裏切ってきたの?

こういった言葉を聞くと
かわいそうになってきます。

奥さんは、あなたの一番の理解者でしょう。

その人に信頼してもらえていないということは
誰にも信頼してもらえませんよ。

違いますか?

いままで奥さんの信頼を裏切り続けてきたからこそ、
あなたの決断に奥さんは反対するのです。

いままで家庭を顧みずにやってきたのであれば
いまからでも遅くはありません。

信頼してもらえる夫になるために、
日々、精進してください。

プレゼントなどで気を引いてもダメです。

あくまで行動で示す、結果で示すしかありません。

ダメおやじにならないよう努力しましょう。

今日は結婚10周年なので、
都内で数時間だけデートをする予定です。

子供たちを15時過ぎには迎えにいかないと
いけないので、本当に数時間だけですが。

買い物してご飯を食べて終わると思いますが、
久しぶりに妻とゆっくりしたいと思っています。

ちなみにスイートテンダイヤモンドは
いらないそうです・・・(笑)

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ