htmlのhead要素内の書き方について②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
シーサイドレーベルweb担当の飯野です。

前回のメルマガでは
htmlのhead要素内の書き方について①
と題してお話させて頂きました。

今回は前回の続きで
「htmlのhead要素内の書き方について②」
と題してお話させて頂きます。

下記のルールでhtmlファイルを作成する場合の
記述例をご紹介しております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・XHTML1.0のルールでサイトを作成します。
・文字コードは「UTF-8」を使います。
・DTD(文書型定義)はTransitionalの記述方法で作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファイルの冒頭から
head終了タグ前までの記述はこちらでした。

xhtml

では、前回の続きから解説しますね。

robots
これは、検索エンジンに様々な指示を与えているタグなのですが、
content=”index,follow”の部分は「許可する」という意味合いです。

content=”all”も同じ意味合いで使えるのですが、
このページのインデックスを許可しますよと伝えています。

実はデフォルトで許可された状態になっているので、
この記述は不要かもしれません。

インデックスさせたくないページには
content=”noindex”
と記述します。

content=”noindex,nofollow”の場合は
検索エンジンにインデクッスさせない。
リンク先を辿らない。
という指示を与えることになります。

tittle
ウェブサイトの名前(タイトル)を記述します。
 
 
keywords
キーワードを入れます。
複数キーワードを入れる場合は「,(カンマ)」で区切ります。

あまり多くのキーワードを入れない方が良いと思います。

xhtml12
ウェブサイトの説明文を入れます。

下記の画像のように、検索エンジンで検索したときに
サイトのタイトル、URLの下に説明文が表示されていると
思いますが、そこに表示される文章になります。

discription

author
文章の作者名を入れます。
 
 
copy
著作者名を入れます。
 
 
css
外部スタイルシートファイルを読み込む設定をしています。

この場合は「css」フォルダの中にある「style.css」ファイルを
読み込むという設定になります。

icon
アイコンの表示設定を行っています。

アイコンは設定されている場合は
ブラウザのタイトル部分に表示されています。
ブックマークしたときにも表示されます。

icon

以上でひと通りの流れは終わりです。

ご紹介した全てのタグが必要な訳ではない場合もあるのですが、
ルールに則ってhead要素内の記述例をご紹介させて頂きました。

では、また来週お会いしましょう。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ