HTML言語について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
シーサイドレーベルweb担当の飯野です。

今回のメルマガでは
「HTML言語について」と題して
お話させて頂きます。

HTML言語とはホームページを作成するための
プログラム言語ですが、このHTML言語には
HTMLとXHTMLと2種類あります。
そして、それぞれバージョンというものがあります。

W3Cという団体が
「ホームページ作成の基準はこうですよ!」という
ルールを決めています。

w3c
 ■ W3C

流れ的にはこのように
HTML4.0 → XHTML1.0→ HTML5.0
という感じで移行してきたかなと思います。

現在はまだXHTML1.0が主流ではあるのですが、
HTML5.0がだいぶ普及してきている感じです。

どのバージョンでホームページを作っていくのか
迷う所はあると思うのですが、
個人的にはXHTML1.0でのルールを理解してから
HTML5.0も勉強していくのが良いかなと思います。

理由としましては、まだまだXHTML1.0で
作られてるサイトは多いですし、
HTML5.0で作る際にも、全てのタグが使えない訳ではなく
そのまま引き継いでいるタグも多いからです。

どのタイプで作成するかによって
記述するルールも変わってきますので、
HTML言語というのは、いくつか種類があるんだなと
頭に入れて頂ければと思います。

そして、現在はHTML5という仕様に
移行しつつあるんだなと覚えていて頂ければ
と思います。

ちなみに、ホームページのソースを見て
一番頭に

と書かれているサイトは「HTML5.0」で
構築されているサイトになります。

こちらはAppleサイトのソースなのですが
このようになっています。

apple
 ■ Apple

Appleのサイトは「HTML5.0」で作成されているんだなと分かります。

そして、こちらはYahoo!サイトのソースです。

yahoo
 ■ Yahoo!

見やすいように大きくしたので、最初の方しか表示されませんが、
実際のサイトのソースを見て頂くと分かると思いますが、
「HTML 4.01 Transitional」という仕様でサイトが構築されています。

「Transitional」というのは
記述ルールみたいな感じです。

Strict …推奨しない要素や属性などは使えない
Transitional …推奨しない要素や属性も使える
Frameset …フレームに関する要素、属性も利用可能

この様に3種類あります。

どれを選ぶかはあなた次第なのですが、
多く使われているのは「Transitional」だと思います。

「Strict」で構築されたサイトはもちろん良いのですが、
どうしても使いたい、使わざるを得ないタグが非推奨のタグの場合、
「Strict」だと問題になってしまいます。

そして、ユーザビリティやアクセシビリティの観点から
現在ではフレームの利用は推奨されていないので
「Frameset」を選ぶことは無いと考えて良いと思います。

そうなると、「Transitional」が
ルールに則りながらも融通がきく書き方が出来ると思いますので
選ばれる事が多いのかなと思います。

様々なサイトのソースを見て
どの様なタイプで作成されているのか
見て頂ければと思います。

では、また来週お会いしましょう。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ