古いMacを手放す際はiCloudの解除にも気をつけよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

3月も下旬になってきて、
4月から新しい生活を迎える
方もいらっしゃると思います。

新しい生活、新しい職場、
新しい事業をはじめる方。

そんなタイミングで、
パソコンを新調しようと考えている
方もいらっしゃるでしょうか。

古いパソコンを売りに出すなど
整理する方もいるかもしれません。

もし、あなたがMacユーザーで
パソコンを売りに出そうと思っているのであれば、
iCloudの解除を忘れずに行なってください。

パソコンを売りに出す際、
パソコンの初期化作業は行っていると思います。

しかしながら、iCloudの紐付けを解除するということまで
頭にない方もいらっしゃるでしょう。

iCloudといえば、でAppleデバイスの位置情報
が確認できる機能があります。

紛失の際に探したり、
盗難の際にロックしたりできてとても便利です。

Macを売りに出す際に、データを削除しただけでは
iCloudアカウントは解除されないのです。

なので、Appleデバイスを売却するときは、
必ずiCloudのアカウントから削除するようにしましょう。

やり方は

・Appleメニューで「システム環境設定」を選択する。
・「iCloud」をクリックする。
・「Macを探す」のチェックを外す。

そして、そのデバイスからもiCloud アカウントを削除します。

・Appleメニューで「システム環境設定」を選択する。
・「iCloud」をクリックする。
・「サインアウト」をクリックする

この様に、iCloudアカウントをしっかり解除、削除してから
Macの初期化を行えば問題なく安心して売りに出せるでしょう。

新しい所有者がiCloud アカウントにサインインすれば
問題ないのですが、万が一そのままiCloud アカウントに
ログインせずに使っていると、元の所有者のiCloudアカウントに
売りに出したMacの位置情報が確認できてしまうのです。

まあ、元の所有者が悪さをしなければ
問題ないとは思いますが^^;
売りに出す際は、しっかりiCloudアカウントも
解除しておきましょう!

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ