Googleの検索結果のURLのコピペであなたの◯◯がバレる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
シーサイドレーベルweb担当の飯野です。

最近は「HTML5」についての
お話が続いてきましたが、
今回は少し息抜きな感じで
「へぇ〜」と言ってもらえるような
ネタのお話をしようと思います。

最近見かけた情報で、
私も思わず「へぇ〜」と言ってしまったので
みなさんにもお伝えしてみようと思いまして(笑)

もし、既に知っているあなたは
Googleマスター様ですね^^

さて、前置きはこの辺にしまして。

今回の記事のタイトル
「Googleの検索結果のURLのコピペであなたの◯◯がバレる!」
と書きましたが、何がバレるのかと言いますと・・・

検索結果のURLを見ると
「直前に何を検索したのかがバレてしまう」ということなのです。

これは、マサチューセッツ工科大学の
Jeremy Rubinさんという方によって指摘されたそうです。

Rubinさんは、友人から送られてきた検索結果のURLを見て
気づいたそうです。

それは、実際に送られてきたページとは関係のない
ワードがURLに含まれていたからだそうです。

私も、試しにGoogle Chromeで検索してみました。

最初に「apple」と検索して、
次に「microsoft」と検索しました。

検索結果のページのURLを見てみると、
この様に表示されていました。

url

「microsoft」の検索結果なのですが、
最初の方に「apple」というワードが入ってますね。

どうやらGoogle ChromeまたはFirefoxで検索し、
1度目の検索は検索バーから検索。
2度目の検索は検索ページから検索するという方法をとった時に
生成されるようです。

「自分の個人的な情報を第三者に渡してしまう可能性も考えられる」
とRubinさんは指摘しています。

今後、検索結果のURLを誰かと共有するときは、
確認しようと思いました。

別にやましいことはないですが^^;
まあ、頭に入れておくと良いかなと思います。

今回は、Googleの検索結果のURLの表示について
お話させて頂きました。

「へぇ〜」って思って頂けたら幸いです(笑)

では、また来週お会いしましょう。

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ