HTML5の基本的な書き方について③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
シーサイドレーベルweb担当の飯野です。

今回は前回ご紹介した
HTML5の基本的な書き方について②
の続きのお話です。

前回までのタグを追加した
HTML5の基本的な書き方の例としては
下記のようになります。

今回は、HTML5のタグに未対応のブラウザへの対策は
どの様にすればよいのか。

解決策の1つとしてご紹介させて頂きます。

HTML5の対応をしていないブラウザへの対策

インターネットエクスプローラーのIE6からIE8は、
HTML5の新要素に対応していません。

ですので、HTML5でマークアップしたウェブサイトを
IE8以前で見ると、表示崩れを起こしてしまう可能性が
あります。

正直、古いバージョンのインターネットエクスプローラーを
使う人が居なくなれば良いのにと思うことは何度もあります^^;
(愛用者の方々すいません。。)

セキュリティ面を考えても、しっかりバージョンアップした方が
良いのではと思うのですが。

ただ、バージョンアップ出来ない環境の方も、
まだまだ多くいるのかもしれません。

そこで、 IE8以前のバージョンにHTML5を対応させるための
方法を解説します。

「html5shiv.js」を利用する

IE8以前のバージョンに、HTML5を対応させるための
対策方法の1つとして「html5shiv.js」というスクリプトを
読み込ませる方法があります。

GitHubサイトからスクリプトをダウンロードして使う場合は、
下記にアクセスして、右下にある「Download ZIP」を
クリックしてダウンロードします。

html5shiv

html5shiv

ダウンロードした「html5shiv-master.zip」を解凍して、
「dist」フォルダの中にある「html5shiv.js」ファイルを
お使いのサーバーにアップして<head>〜</head>内に記述します。

もしくは、こちらのURLを直接記述して使う方法もあります。

<!–[if lt IE 9]><![endif]–>で囲んでいると思いますが、
これは「条件付きコメント」と呼ばれるもので、
「if lt IE 9」と書くと、バージョン番号が9より小さい
(9を含まない)インターネットエクスプローラーの場合にのみ
囲った中の条件を実行するという意味になります。

なので、 IE8以前のバージョンのインターネットエクスプローラーには
「html5.js」スクリプトを実行するという司令を設定していることになります。

これで、IE8以前のインターネットエクスプローラーでも
HTML5の要素を適用することが出来ますので、
表示崩れなどの問題も解決できると思います。

今回は、HTML5のタグに未対応の
インターネットエクスプローラー(IE8以前)への
対応について解説させて頂きました。

では、また来週お会いしましょう。

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ