HTML5の基本的な書き方について②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
シーサイドレーベルweb担当の飯野です。

今回は以前ご紹介した
HTML5の基本的な書き方について
の続きのお話です。

HTML5の基本的な書き方の例として
下記のように設定して解説しました。

これに、今回はもう少し足して行きたいと思います。

スタイルシート(cssファイル)を読み込ませる

外部スタイルシート(cssファイル)を読み込ませるには、
XHTML1.0の時とほぼ変わりません。

・XHTML1.0の場合

・ HTML5の場合

 
HTML5の場合は、link要素のtype属性「type=”text/css”」の部分を
省略することができます。

「type=”text/css”」を記述していても問題はありませんが、
この部分は省略できることを頭に入れておいて頂ければと思います。

ちなみに、style要素やscript要素などの
type属性も省略することができます。

・script要素を<head></head>内に設定する場合

・style要素を<head></head>内に設定する場合

この様な形で、type属性の記述を省略できます。

今回はここまでにさせて頂きます。

まとめますと

・link要素
・script要素
・style要素

これらのtype属性の記述は省略してマークアップすることができる
ということを覚えて頂ければと思います。

次回もHTML5のお話をさせて頂きたいと思っておりますので
お楽しみにして頂ければと思います。

では、また来週お会いしましょう。

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ