HTML5の基本的な書き方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
シーサイドレーベルweb担当の飯野です。

今回は前回に引き続き、
HTML5について
お話させて頂きます。

今回は、基礎的な書き方について
説明させて頂きます。

まずは、先に全体的な記述を
書かせて頂きます。

本当に基礎の基礎くらいの
最低限の書き方です。

では、順番に解説していきますね。

HTML5でのDOCTYPE宣言の書き方について

この部分は前回の記事でお話させて頂きましたが、
もう一度復習してみましょう。

XHTML1.0のDOCTYPE宣言の書き方は
下記のように記述していました。

HTML5でのDOCTYPE宣言は

非常にシンプルになりました。

他のサイトなどのソースを見るときに、
<!DOCTYPE html>
が最初に記述されているサイトは、HTML5でマークアップされている
サイトだということが分かります。

html要素と文字のエンコーディングについて

・XHTML1.0

XHTML1.0の時の書き方はこの様な書き方でした。

・ HTML5

html 要素は、XHTML1.0ではxmlns属性が必要でしたが、
HTML5の場合は、lang属性を指定します。
日本語のサイトの場合は<html lang=”ja”>という形です。

エンコーディングの指定部分ですが、
XHTML1.0の時も指定はしていたと思うので、
その部分では変わらないのですが、指定方法は短くなりました。

<meta charset=”UTF-8″>
これでOKです。

XHTML1.0では、空要素というものを記述していました。
例えば、こちらの部分の最後の「 /」の部分です。
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=utf-8″ />

HTML5では、あっても無くても問題ないようです。

その他の部分(tittle)などは従来と変わりません。

今回はここまでとさせて頂きます。

今回の基礎的な書き方を元に、
今後色々追加していきながら説明させて頂きたいと思います。

まずは、最低限のマークアップ方法を
しっかり覚えて下さいね。

では、また来週お会いしましょう。

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ