先が読みたくなる!5つの見出しテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたの文章は、
全部読まれているでしょうか?

せっかく書いたのだから、
全部読んで欲しいですよね。

けれども、

実際には、見出しがいまいちだと、
読者はその先を読もうと思ってくれません。

ですので、今回は、

先が読みたくなるための
5つの見出しテクニックをご紹介します。

1、新しさがある

毎日のニュースって
ワケもなく見てしまいませんか?

実は、
ニュースは、新しい情報を集めたものです。

人の脳は、
新しいものに反応しやすいように、出来ているようです。

そこで、見出しに、
「新しい」という要素を入れられないか、考えてみましょう。

「新商品」、「新発売」、
というのも使いやすい単語です。

2、ベネフィットを示す

この文章を読めば、
どんな良いことがあるのかを、最初に伝えてしまいます。

「考え方を変えて、起業を成功させる3つの方法」

のように、
その文章を読むことによって、

良いことが得られることが
分かっていれば、先を読む気になりますよね。

3、好奇心

もっと知りたい、と思わせるような見出しです。

電車の中刷り広告は
好奇心を刺激するようなコピーが多いです。

「どうやって?」や「なぜ?、なんで?」
といった、単語を使ってみるのもいいでしょう。

例としては、

「なぜ、一日4時間の仕事で、年収一千万円になれたのか?」

という見出しは、先が読みたくなりませんか?

4、速い

人間だれでも楽をしたいので、
速くて簡単に効果の出ることには、興味をひかれます。

例としては、

「これが、今までの半分の時間で簡単に仕事を終わらせる方法です。」

のような、書き方です。

5、読者を限定する

病院などで周りの雑音がうるさくても
自分の名前が呼ばれると、すぐに反応できた経験はありませんか?

周りの情報が多くて、
ほとんど無視しているような状況でも、

自分のことだと分かると、ちゃんとその先を聞こうとなります。

たとえば、
佐藤さんという名字の方に

「佐藤さんにむけての情報です」と、
呼びかけがあれば、自分のことだと思い注目しますよね。

さすがに、名字で呼ぶわけにはいかないので、

「神奈川県にお住まいで、
コピーライティングに興味のある40代男性の方へ」

というふうに、
対象をできるだけ絞ることで、

その条件に当てはまる人には、
自分事として読んでもらうことができます。

今回は、

「先が読みたくなる!5つの見出しテクニック」
を、お伝えしました。

ぜひ、参考にしてみてください。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ