今すぐの購入を後押しする3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セールスの世界では
その場で買ってもらえなければ、

2度と買ってもらえないと
思った方がいいといわれています。

特に、WEB上では誘惑が多いので
この傾向はさらに強い傾向があります。

たとえば、スマホでも・パソコンでも
複数のページを開いたままであったり、

画面の上にはたくさんのアプリがあったりします。

そんなふうに、
ものすごい量の情報にさらされているので

再び同じセールスページに
戻ってきてくれることはとても難しいです。

このため、あなたの商品のことは、
あっというまに忘れ去られてしまいます。

ですので、
見込み客がセールスレターを見たら

すぐに購入してもらうように
背中を後押しするしくみが必要です。

今日は購入を後押しする
3つの方法をご案内します。

数量を限定する

数量が限られていると希少性が働きます。

希少性とは少ないものに
価値を感じるということです。

たとえば、
ダイヤモンドがとても高いのは希少性があるからです。

もし、ダイヤモンドが
そこら辺の山に落ちているんだったら、何の価値もないですよね。

そして、人は希少性があり
手に入りずらいものほど価値を感じる傾向があります。

逆にいうと、いつでも簡単に
手に入るものは価値を感じてくれない、ということです。

この心理を利用すると、たとえば
あなたの商品の場合は30個限定

などの数量限定販売したらどうでしょうか。

この場合は、
早く買わないと、無くなってしまうことを伝えましょう。

もう手に入らないかもしれない
という気持ちになると、

今すぐ、買わなくちゃ!という
購入へのモチベーションにつながります。

期間を限定する

数量を限定することができない
場合は期間を区切って販売する、

または、期間を区切って
値段を安くする、という方法が取れないでしょうか。

たとえば、今だけ入会金無料、
今なら初月の使用量が無料、というのは聞いたことがありませんか。

毎月のようにやっているところも
あるのでそういう場合は効果はなくなってしまいます。

けれども、本当に、
今だけの割引であれば買っちゃおうかという気になりますね。

限定の特典をつける

数量限定も、期間限定もできなかったら、
特典で限定性を出せないでしょうか。

たとえば、3日以内に購入の方に限り
限定特典をお付けします、といったことができます。

この方法は、
特典を違うものにしていけば、繰り返し使えますので

ネタに困らないという利点もあります。

以上、3つの方法をご紹介しました。

今すぐの購入につなげるために参考にしてみて下さい。

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ