フェイスブック広告設定あれこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
藤田哲也です。

フェイスブック広告について
いろいろと勉強しています。

頭の中を整理するためにも
少し解説したいと思います。

なお、フェイスブック広告は
リスティング広告とは全くの別物です。

ただ、リスティング広告とどう違うのか?

そこを基準に考えると
覚えやすいかなと思います。

まず、フェイスブック広告はリスティング広告と同様に
3階層のキャンペーン構造を持っています。

ただフェイスブック広告には「キーワード」という
概念がないので、名称は異なります。

・キャンペーン

・広告セット

・広告

実際に表示されるのは「広告」の部分。

広告セットでは、予算やターゲットなどを考えて
それぞれ作成していきます。

次に、フェイスブック広告をどのような場面で
使えば良いのか説明します。

フェイスブック広告には、その用途ごとに
9つのメニューが用意されています。

その9つを説明すると・・・

・投稿を宣伝

・Facebookページを宣伝

・ウェブサイトへのアクセスを増やす

・ウェブサイトでのコンバージョンを増やす

・アプリのインストール数を増やす

・アプリのエンゲージメントを増やす

・イベントの参加者を増やす

・クーポンの取得を増やす

・動画の再生数を増やす

とあります。

用途によって使うメニューは変わってきますが、
もっとも基本的な使い方と言われれば以下の2つが
メインになるかなと思います。

・Facebookページを宣伝

・ウェブサイトへのアクセスを増やす

上のFacenbookページを宣伝に関しては、
「いいね!」をもらうための広告です。

おおよそ1000人の「いいね!」が付くと
ビジネスとしては大きな武器になるようです。

下のウェブサイトへのアクセスを増やすに関しては
文字通り、手持ちのウェブサイトへフェイスブックユーザーの
アクセスを流すための広告です。

フェイスブック広告では、フェイスブックページだけでなく、
外部のウェブサイトも広告に出すことが可能です。

もちろんブログなども出すことが出来ますので、
今すぐ手持ちの媒体を広告に出すことができます。

このようにフェイスブック広告では用途ごとに
広告メニューが複数あります。

ただ、メインで使うとしたら先ほどの2つ。

これだけ覚えておけば問題ないと思います。

次回も好評であればフェイスブック広告ネタを
続けようかと思います。

お楽しみに。

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ