妻と一緒にポスティングした時の思い出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
藤田哲也です。

この形式でメルマガをお送りするのは
今週で最後となります。

今後は、PPCアフィリエイトを中心に
硬派なアフィリエイトメルマガをお送りします。

硬派なので、単なるPPCアフィリでの
稼ぎ方ではなく、もう少し深い部分まで。

かなり濃いメルマガになると思います。

もちろんメルマガ執筆者はあの方です。

彼もネクストPPC以来、
かなり知識を蓄えてくれています。

来週からスタートしますので、
楽しみにお待ちください。

さて、今日は集客について。

ここ最近は「プロダクトオファー・プロジェクト」で
個別に集客のアドバイスをしています。

売る経験が初めての方も多く、
なかなかアドバイスには気を使います。

そもそもその人のスキルや経験は
全く異なります。

そういう方たちに画一的なアドバイスをしても
思うように動けないものです。

ですから、本人のリソースを聞いて、
それに基づいてアドバイスをする。

これを繰り返しています。

もちろんビジネスですから、
苦手なこともやってもらいます。

未経験なことも多いでしょうから、
なかなか苦労も多いでしょう。

でも、私がアドバイスしたことって、
誰もが一度は必ず通ることばかり。

私も苦手なことに取り組みながらも
自分なりに取捨選択してここまで来たのです。

だから、まず一度は経験してみる。

これは凄く大切なことだと思います。

無駄になることは1つもありませんから。

起業初心者の方が取り組むべき集客法は
何と言っても周囲の人への声掛けです。

これがもっとも早いです。

もちろん集客の仕組みや媒体などを
作ることは絶対に必要。

でも、そんなことをいきなり言っても
形に出来ない人が圧倒的多数。

これは今まで痛いほど経験してきました。

ですから、まずはすぐに出来るところから
スタートして、1本でも良いから売ってみる。

それを実現するには、周囲を巻き込むことを
恐れないということです。

私も起業当初、ホームページ作成が出来たので、
ウェブ作成サービスをやったことがありました。

でも、まだ起業したばかりでお金がない。

なので、チラシを見よう見まねで作りました。

フォトショップで作ったんですよね、あの時。

そして、それを近所の飲食店や個人宅に
片っ端からポスティングしていきました。

いまなら絶対にやりたくないですが、
当時は必死でしたから。

お金を稼げないとご飯を食べれませんからね。

ただ、意外と楽しかったです。

妻と散歩をしながら、ポスティングをしたのですが、
普段足を延ばさない地域にも行ったりして。

「ここのお店おいしそうだね〜」

とか言いながら、ゆっくり歩きながら
ポスティングしたのを覚えています。

結果としては、2件ほど案件を受注出来て、
テニス教材の売上と合わせて、50万円くらいの
売上になったと記憶しています。

もちろん、その時稼いだお金で
妻と食事に行きました。

いい思い出です。

ただ、これを起業してから経験するのは
さすがに辞めた方が良いと思います。

私は単に運が良かっただけ。

出来れば、こういった苦労は
起業前にするべきです。

もちろん、私がサポートするので
必要以上に苦労することはないでしょう。

商品の質も異常に高いですし。

私の起業支援は「プロダクトオファー・プロジェクト」を
メインとして来年はおこなっていきます。

どれだけの成功者が出るか楽しみです。

私の起業が成功できたのも
やっぱり妻の理解と協力があったからこそ。

これは間違いありません。

結婚式前に仕事を辞めたら
普通何か言いますよね?

でも、それすらない(笑)

小言も一切なかったですし、
何かと手伝ってくれましたしね。

なかなか面と向かって言えませんが、
誰よりも感謝をしています。

だからもっと頑張らないと。

そう素直に思えます。

自分のやり方で、自分のペースで、
誰にも媚びずに思うように・・・。

来年も元気でやっていければと思います。

●3年ぶりに帰ってきた「藤田哲也の個別コンサルティング」

 ⇒ http://www.japan-forum.jp/sp/kojin.htm

mt

起業初年度1000万円、その後ゆるやかに年商3000万円までを目標に起業に向けて一歩を踏み出したい方向けの起業専門メルマガです。最新のノウハウを始め、セミナーや限定サービスのご案内をご希望の方は今すぐ下記フォームより、メインで使っているメールアドレスをご登録下さい。家族との時間を大切にしながら自由自在に収入を増やせる起業家になる方法を余すことなくお伝えいたします。

メールアドレス(必須)

コミュニティ